MINTO'S FAMILY

blackminto.exblog.jp
ブログトップ

一年半の闘病生活を振り返って

ミントの病気が分かったのが昨年5月
骨にできた癌の方が 余命が長い傾向にはありますが
既にリンパに転移していたので 期待はできませんでした

その厳しい状況で一年半も一緒に過ごすことができ 本当に幸せでした

癌が分かった時、最初に『どの治療を選んでも 選ばなくても 飼い主さんは後悔します』
と言われ 幾つかの選択肢の中で
抗がん剤治療は健康な時から しない と決めていて
ただどうしても もう一度海に連れてってやりたくて 
病的骨折を防ぐため 骨頭切除の手術はしました

ミントが頑張ってくれたので 私の選んだ治療は全て良い方向に進み
お陰で今 全く後悔はありません

手術の二日後には痛む中でも 
d0070289_15392612.jpg

こんなに力強い目力を見せてくれました


2ヶ月後には
d0070289_15402681.jpg

『ミントの海』にも行くことができ
それから何度行けたでしょう
d0070289_15431979.jpg

やはり海では 生き生きしてますね

今年の夏から歩けなくなり 連れてってあげれなかったのが
唯一の心残りでしょうか…


夏から右足がどんどん腫れだし もう痛みどめ(プレビコックス)では効かず
モルヒネパッチを貼ることになりましたが
その間も更に腫れ モルヒネパッチでも痛みがあるようだし
腫瘍が自壊するのも時間の問題でした

そのままでは安楽死を選択せざるを得ない状態でしたが
オゾン療法が効果をなして 腫れもかなり引き
また痛み止めのみで過ごせるようになりました

最後の1か月半はミントの通院はなく 家で治療出来たので
穏やかに過ごせたのも 幸せでした 

頑張りすぎるほど頑張ったミントなので
食べれなくなっても 点滴に通うつもりはありませんでしたが
当日の朝まで食べ物口にしてくれ 私を悩ますこともなく
本当に親孝行だったなー


ミントのような例は少ないかもしれませんが
今後 不幸なことに癌になってしまったワンちゃん達に
ミントの経験が少しでも役立てば幸いです
[PR]
by minto-flat | 2012-12-21 16:18